当サイトでは【PR】を含みます

男女の違い「出血量」が多くても耐えられるのは…

動画で解説

このページの内容を簡単に動画で紹介ています。


以下、文による解説です。

ポイント
人間の体には
約5000ccの血液が流れていますが

小林正観さんによると

男は偉そうに生きているが
そのうち1000ccを失うと
出血多量で死ぬそうです
すごく生命力が弱い

反対に女性は
3000cc失っても
まだ死なない(らしい)
ものすごく強いようです

男のほうが生命力が弱いので
普段、強がって偉そうに
1000cc失っても死なないように見せている

女性のほうが生命力が強いけれども
男性に守ってもらうために弱く装って
1000cc失えばすぐ死んでしまうように見せているようです

このことから正観さんは
「男と女はこんなに違う
最初から違う生物だと思えば
生きるのが楽になります」と言い、

ポイント
さらには、「女性のみなさん
男性には優しくしてくださいね」
と笑いながら言ったのでした。
参考にさせていただいた書籍↓
致知出版社
¥1,572 (2024/06/13 03:26:36時点 Amazon調べ-詳細)