当サイトでは【PR】を含みます

死ぬ前の前触れ

動画で解説

このページの内容を簡単に動画で紹介ています。


以下、文による解説です。

心学研究家「小林正観さん」は言いました
人間の体は、ある5段階を経て死に至ると…

お釈迦さま

その5段階とは
疲れ・痛み・故障・病気・死の5つです
ポイント
疲れを放置すると痛みになり
痛みを放置すると故障になり
故障を放置すると病気になり
病気を放置すると死に至るようです

逆にいえば、
(事故などをのぞき)
人間はなんの前触れもなしに
死ぬことはないようです。

必ず前兆として疲れがあり
その疲れをため込まなければ
死には至らないようです

なので疲れを放置しないようにしてください

疲れをためない方法

また、疲れをためにくくする方法ですが

室町時代から江戸時代にかけて
平均寿命が50歳でした

ところが、悟りを開いた僧侶(お坊さん)
70~80歳まで生きる人が多かったようです

つまり人間は
怒ったり、イライラしなくなると
疲れがたまりにくいのかもしれません

さて、怒らない人間になるためには…
本来は、難しいことでしょう。

ポイント
ですが、小林正観さんが残してくださった言葉を実践すれば
ある程度は、怒らない人間になることも可能です。

ぜひ、当ブログを参考にしていただくか
もしくは正観さんの本やdvdなどを参考になされてみてはいかがでしょうか。

参考にさせていただいた書籍↓

¥1,540 (2024/05/29 03:21:27時点 Amazon調べ-詳細)