当サイトでは【PR】を含みます

「悪い予言は信じなくていい」(大地震の予言)

動画で解説

このページの内容を簡単に動画で紹介ています。


以下、文による解説です。

小林正観さんによると
悪しき予言は信じなくていいようです。

悪しき予言とは

例えば あなたが
・◯年後に死ぬとか
・◯年後に病気になるとか
・こっちの方角に行けば事故に遭うとか
・近いうちに「よくないこと」が起こるとか
・◯年◯月に大地震が起こるとかです

なぜ悪しき予言は当たらないのか?

こういう楽しくない予言を言った瞬間
言った予言者は、
自分の信用のために予言が当たって欲しいと
心の底で念じ始めるようになります
(ただ本人は、このことには気づきません)

悪しき予言を言った瞬間に
それは悪魔に魂を売ったこと

なぜなら悪魔とは
人の不幸や悲劇を願い
それを望む心だからです

つまり、悪しき予言をする人は
悪魔の側であり、そのような人には
正しい情報は入らない(当たらない)

ポイント
だから悪しき予言は100%当たらないと
正観さんはおっしゃいました

不安になる必要はない

ですから今後は
悪しき予言を聞いても
不安になることも
高価な物を買う必要も
まったくありませんのでご安心ください

気象庁と大地震

ポイント
ちなみに気象庁でも
日時場所を特定した地震予知はデマと考えられると述べています。

正観さんが言われた悪しき予言

実際に、正観さんが
新興宗教の教祖たち22名から
◯年◯月◯日に事故で死ぬなどと
数回にわたり言われたようです

もちろん正観さんはいっさい信じていません
教祖たちは正観さんが「どうすればいいでしょうか」と泣きつくのを待っていたのでしょう

当然、予言はすべて外れたとのこと

お釈迦さま

また「楽しい予言」「嬉しい予言」は信じた方がいいとのことでした。
参考にさせていただいた書籍↓
¥1,540 (2024/06/12 13:59:29時点 Amazon調べ-詳細)