当サイトでは【PR】を含みます

難病をプラスに捉える見方「かとうみちこ」さん

動画で解説

このページの内容を簡単に動画で紹介ています。


以下、文による解説です。

詩人「かとうみちこ」さん

正観さんのご友人でもあった
詩人「かとうみちこ」さんは

高校生のころに
難病の「無腐性壊死むふせいえし」にかかり
現在(2023年)もこの難病と闘いながら
作詞・講演・司会等で活躍されているとのことです。

ちなみに、今までに3度も生死のはざまをさまよったことがあるそうです。
かとうみちこさん、公式サイトより

注意
令和となった、今でも確立された治療法はなく
対処療法のみとなっています。
また、原因もハッキリしていないようです。
ポイント
しかし、かとうさんが
詞を書いたり、講演をしたりなど
活動的な生活をはじめると
病気の進行が止まったそうです。

かとうみちこさんの言葉

お釈迦さま

「かとうさん」は言いました
ポイント
ゴルフでも麻雀でも
人は難しいものほど楽しみ
一生懸命になるじゃありませんか

人生だってそうです
簡単なものより
難しくて大変なほうが楽しいし面白い
そう考えれば
難しい病気を抱えていても
そういう人生のほうが楽しいでしょう

正観さんの言葉

正観さんはこれについて述べました

ポイント
挫折や困難
大きな問題を抱えている人や

障害や病気を持つ人は
もしかしたら
そのおかげで
簡単には出会えないような素晴らしいものに
たくさん出会っているのかもしれません

たとえ、難病であっても「楽しい」と言える人が存在しています。
また、正観さんの言うように、大変な問題を抱えていることが
マイナスとは限りません。
マイナスであっても、見方を変えると
プラスの面もあるのです。

それがわかってしまえば、「大きな問題」は問題でなくなるのかもしれません。
つまり、生きるのがラクになります。

お釈迦さま

もし、今現在、「挫折・困難・問題・障害・病気」で悩んでいるのであれば
参考にしていただけたらと思います。
参考にさせていただいた書籍↓
¥1,540 (2024/05/29 03:21:27時点 Amazon調べ-詳細)